経営戦略から考える新卒採用

経営戦略から考える新卒採用によって、人事戦略として経営戦略の重要な要にもなります。

企業にとって新卒採用はチャンスでもあり、経営戦略をベースにして人材はどのような人物が必要か、具体化していくことになります。
こうして企業側は、採用戦略へとプランをたてることができます。


どんな人材がいつの時点で必要になるかどうか、人を採用するにあたり経営チームと掴んでおく必要はあります。
企業での現在の人材の構成を見極めて、義業としても理想の人材構成とマッチするか、ずれてはいないかを棚卸ししておくべきでしょう。



DYMでは、委員会制度も活発で会社を各委員会の活動内容に基づき社員一丸となって活動しています。



会社として採用を担当する部署は、特にその点は常にする必要があります。

会社の採用活動でのポイントとしてはじめは、採用予定数としてざっくりと、本当に大まかに考えておくことです。


商品、サービスを売るのではなく、それによってクライアントの問題解決を行うというのがDYMの考え方です。スタートはきっちりしすぎることはなく、それは予定に間に合わないことも考えられるためです。会社として採用を担当する部署は、特にその点は常にする必要があります。会社の採用活動でのポイントとしてはじめは、採用予定数としてざっくりと、本当に大まかに考えておくことです。スタートはきっちりしすぎることはなく、それは予定に間に合わないことも考えられるためです。


新卒を入れるにしても、そこに用意されている予算には限りがあります。


予定も大事であり、そこにはバランスと調整も必要です。



採用担当はそのバランス感をどう活かすかが、腕の見せどころでもあります。
この時点では自社セミナーや合同セミナー、そうした採用ツールが見えてくる頃です。
タイミングは自社のニーズと照らし合わせながら、計画を調整していくことも柔軟性として必要です。

人事戦略に合わせてオファー型であれば、新卒採用もすることはできます。どんな学生がエントリーするのか、エントリー型は予想がたてられません。
大企業であればエントリーも、新質の高い人材が集まることは考えられますが、そうでもなければ、質の高い人材を確保するのは簡単ではありません。